About

TSUBURA ART WORKS(ツブラ・アート・ワークス)

「長く身につけるものだから、しっかり選んでほしい」

工房をかねたショップには、
アクセサリーと共に、車やバイクのパーツ、写真などをディスプレイ。
それは、さながら人生の縮図のようでもある。

濃密でゆったりとした空間。ヴィンテージランプの光をうけるアクセサリー達は、ひっそりとした息遣いで、自らの主を待つ。

つくる、喜び。

アイデアが浮かんだら、長く美しく使えるアクセサリーにするための条件を、知識と経験から詰めてゆく。

使用する金属の種類や地金の割合、繊細なラインと強度のバランス、湯道の場所、量産するための工程、最終的な表面の表情など、それぞれに最善の方法を選択する。

今までにない“あたらしいかたち”は、そこから誕生する。

つくる喜び

ひとつの石に、ひとつの魂。

たとえば、ターコイズ。
二次鉱物の一種で、雨によって溶け出した銅・アルミニウム・酸水素・リン塩酸等の成分が、他の鉱物に浸透することで生成される。

そうして生まれてくる天然石には
それぞれに個性があって、一つとして同じ表情がない。

“一期一会”の精神で、じっくりと石の表情を観察
対話しながら、その魅力が最大限に引き立つよう形づくってゆく。

様々な天然石をストック

ナンバーエイト、ビズビー、ダメール、モレンシ、ロイストン、キャリコレイク等々、60~70年代に採掘されたターコイズをストック。また、オパールやテクタイト、アンモライト、ダイナソーアゲイトといった様々な天然石を使用。

美しく、強く。

必要以上に燻してしまったり、磨きが甘いと
すぐに全体が黒ずんでしまう銀製品。

だからこそ、独自に燻し液を開発したり
念入りに磨き加工を行ったり……

より“良いもの”をつくるため
新しい技術・道具を研究し、ためし続ける。

安定した技術と根気、力と慎重さのバランス。
使い心地を大切に、手間をかけて細部まで丁寧に仕上げる。

最終仕上げの磨き加工。

最終仕上げの磨き加工。
他のブランドだと6工程前後のところ、TSUBURAでは13~16工程以上かけて行う。入念に磨きこむことで変色しにくくなり、長く輝き続ける。

Become Vintage !

長い時間を共に過ごすアクセサリー。

使用するうちに自然にキズついたり、変色したり……
時とともに、持ち主の個性を鏡のように映しとる。

深みを増したアクセサリーは
使うたびに愛着が湧く。いつまでも自分に似合う。

Become Vintage !

“Jim”(近森 一) TSUBURA ART WORKS 代表兼職人

子供の頃、偶然、古いヤジリを見つけたことがあるんです。その衝撃が強くて。

天然石を収集していた祖父の影響もあって、幼い頃から石や化石に異常に興味を持っていました。少しずつ鉱石を集めて鉱物標本を揃えたり、宝石等のチラシを切り取ってスクラップにしたり。

1990年代に留学。イリノイ州フリーポートで獣医の助手をしつつ大学へ。

“Jim”って呼名はこの時つけられました。
僕の名前、一(ハジメ)を略して『お前のことをJimって呼ぶから』って。

この頃からアクセサリーに興味を持つようになり、アメリカ・ヨーロッパのものを中心にヴィンテージアクセサリーを集め始めました。また、留学生活を通してアメリカン・カルチャーを直に体験、大きな影響を受けました。

帰国後に、アクセサリーと雑貨を扱うショップで働きながらターコイズのハンティングと銀細工を開始、2001年にTSUBURA ART WORKSを立ち上げました。

Photo

Access

住所 〒780-0021
高知市中秦泉寺43 パストラルKL 1F
交通 高知ICより車で約5分
駐車場 店舗前に2台スペースがございます。
定休日 火曜日・水曜日
営業時間 12:00~20:00
TEL・FAX 088-873-7037

Page Top